日本先進医療推進機構は脅威の抗癌ハーブ「ジェネピック」など先端医療の臨床研究を応援しています!

よくわかる最新療法 病気が治る鼻うがい健康法 体の不調は慢性上咽頭炎がつくる

よくわかる最新療法 病気が治る鼻うがい健康法 体の不調は慢性上咽頭炎がつくる

 

 



【→書籍の購入はこちらをクリック→Amazonから購入できます!】

 

内容紹介
テレビ局のアナウンサーは風邪をひかないと思いませんか。それはどうも、鼻うがいを習慣にしているからなようです。
私たち日本人は「うがい、手洗い」と言われると、のどのうがいを想像しますが、世界中で「のどのうがい」を習慣にしている国はほとんどないって知っていましたか。そして、日本でも昔は「鼻うがい」をする人が多かった、ということもあまり知られていない事実です。けれど昔の人がやっていたことには、ちゃんと意味があったようです。
「鼻うがい」は、鼻の奥、のどちんこの裏側にある上咽頭という場所を洗い流すことです。そしてこの上咽頭は私たちの体の免疫システムに大きな影響を与えている場所なのです。この場所が炎症を起こすと、喘息、関節炎、大腸炎や腎臓病など、治り難いという病気を引き起こすことがわかってきました。そこで、この場所の炎症を治せば、こうした病気も治る可能性があるのです。
本書ではこの場所の炎症を治すための、さまざまな方法を紹介しています。そして上手に痛くない鼻うがいをする方法も!
花粉症に効果絶大の鼻うがい。鼻うがいを習慣にすれば、今日から薬いらずの生活が手に入ります!

 

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
堀田/修
1957年愛知県生まれ。1983年防衛医科大学校卒業。医学博士、日本腎臓学会学術評議員。前仙台社会保険病院腎センター長。2001年にIgA腎症の根治治療である扁摘パルス療法を米国医学雑誌『Am J Kidney Disease』に発表。日本のIgA腎症診療が激変するきっかけとなった。現在、仙台社会保険病院(宮城)、大久保病院(東京)、成田記念病院(愛知)でIgA腎症専門外来を行う。IgA腎症根治治療ネットワーク代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

 

単行本: 183ページ
出版社: 角川マーケティング(角川グループパブリッシング) (2011/3/16)
ISBN-10: 4047318353
ISBN-13: 978-4047318359
発売日: 2011/3/16
商品の寸法: 18.6 x 13 x 2 cm
おすすめ度: 5つ星のうち 5.0

 

 

【アマゾンのレビュー】

 

さすが角川、編集が良い!, 2012/6/25
By besteffort (東京都港区南青山) -

 

同じ著者の『慢性免疫病の根本治療に挑む』に続いて読みました。

 

その著作ですっかり著者のファンになって
・扁桃摘出術
・鼻うがい
・馬油の点鼻
・Bスポット療法  など、全て実践してます。

 

---
前者がどちらかと言えば、専門家寄りの難しい内容でしたが
本書は“一般の”読者が面白く読めるようにマンガやイラストもあって
とても読みやすかったです。

 

角川という大手ならではの、マーケティングが分かっている編集者の力量なのか
角川というビッグネームが、著者に対して編集の発言力を持っていたのか分かりませんが
どちらにせよ、前書より格段に読みやすい本づくりになってます。

 

まだ2冊しか、著者の本を読んでませんが
こちらが入門書として最適だと思います。

 

---
著者の素晴らしいところは、内科医という枠を超えて健康を願う情熱と研究熱心さだと思います。

 

内科医なのに、このような耳鼻科の本を出すというのはかなり勇気のいることと思いますし
耳鼻科医の敵を作りかねない行為かと思います。

 

医学界で異端とされている「扁摘パルス療法」を普及させるために長年、研究を続けたり
50年も前の、すでに歴史の波に忘れ去られてしまった「Bスポット療法」の堀口先生、
上咽頭の概念を提唱した山崎春三先生の理論を掘り起こし、現代の医療の観点から再評価、分析したり
現在の耳鼻科医である杉田先生と情報を交換したり、している。

 

自分の専門の枠を超え過去、そして現在の研究者とコラボレーションしようとするその姿は
セクショナリズムに陥っている医学界の中で、とても貴重な存在であるし見本となる方であるように感じてます。

 

---
治療に関する個人的な感想、(途中経過)としては

 

・馬油の点鼻は著者が言うほど不快でなく、続けられて調子がいい。
→ちなみにチャゲアスのアスカも鼻づまり対策で馬油の点鼻をやっているそうです。

 

・生理食塩水による鼻うがいは、ハナクリーンを使ってやってますが
むしろ調子が悪くなる事が多い。
→自分の粘膜がまだ弱くて鍛えられていないから??

 

・扁桃摘出術はやってよかった。
扁桃腺が腫れる苦しみから開放されたし、まことしやかに言われている『臓器を取ると免疫力が下がる』という
噂があるが、実感としては真逆で丈夫になったと感じている。

 

・塩化亜鉛水溶液も合法的に入手できるので点鼻用の水溶液も自作することができる。
それを医療の立場から本やwebで著者が公開できるかどうかはわからない。
医師の監視のもと、経過を見たほうが良いが「Bスポット療法」に理解のある耳鼻科医が少ないので
通院が難しい現実があるので、個人としては自作の選択肢はあったほうがいい。
「Bスポット療法」の再評価がされるまで、このジレンマはしばらく続きそうだ。

 

などです。

 

また、経過を報告しますね。

 

 

5 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 調子いいです。, 2012/1/13
By スミレ母 (東京都中央区) - レビューをすべて見るAmazon.co.jpで購入済み(詳細)
レビュー対象商品: よくわかる最新療法 病気が治る鼻うがい健康法 体の不調は慢性上咽頭炎がつくる (単行本)
本を読んで、取り合えづアマゾンで鼻洗浄器具を購入し、早速鼻洗浄を開始しました。
本の内容は、本当に?って思われる部分も多々ありましたが、ここ最近の空気の悪さ
(放射能、花粉、黄砂等々)で、鼻の粘膜が今までと違うぞ?って思っていましたので
取り合えづ挑戦。
本の内容もとてもわかりやすく、簡単に書かれており、内容自体も納得でした。
毎日鼻洗浄してます。
健康情報本としては、○です。

 

 

15 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 私は体験しました, 2011/6/25
By コールダック - レビューをすべて見るAmazon.co.jpで購入済み(詳細)
レビュー対象商品: よくわかる最新療法 病気が治る鼻うがい健康法 体の不調は慢性上咽頭炎がつくる (単行本)
子供の頃からの体調不良、成人になってからの自律神経失調症。いくら検査しても原因不明でしたが、花粉症の治療のため通っていた耳鼻咽喉科〔東京〕がBスポット療法をしてくれました。治療の痛さと効果は他の人と同じです。このとき自分の体調不良の原因はここだと思いました。治療後痛みが和らいだ後に気持ちのよいけだるさと肩から上が軽くなったような感じになります。この事はまさしくこの場所に自律神経のツボがあるという事ではないでしょうか。痛くても治療の価値有りと思っています。今では自分で治療しています。

 

 

21 人中、20人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 わかりやすく、読み応えがあり、情熱にあふれた本です, 2011/5/19
By 引地悠 - レビューをすべて見るレビュー対象商品: よくわかる最新療法 病気が治る鼻うがい健康法 体の不調は慢性上咽頭炎がつくる (単行本)
「扁桃病巣感染症」という概念を聞いたことはあっても、そのメカニズムや、治療法について、学ぶ機会はありませんでした。この本は、堀田先生が長年の臨床経験と文献検索から、「慢性上咽頭炎」が様々な疾患の根源になっている可能性、またその治療法について、とてもわかりやすく書かれています。この概念を知ることは、今後の日本の医療を大きく変える、大きなきっかけになると言っても、過言ではないと思います。女性医師として、アメブロでも紹介させていただきました。

 

 

40 人中、35人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 医学専門書レベルの内容の名著です, 2011/3/17
By super hitoshirou - レビューをすべて見るレビュー対象商品: よくわかる最新療法 病気が治る鼻うがい健康法 体の不調は慢性上咽頭炎がつくる (単行本)
健康な方 さまざまな病気に苦しんでいる患者さん 内科の医師 耳鼻咽喉科の医師 他科の医師 すべての人に読んでもらいたい名著です。
医学的に非常にレベルの高い内容が実にわかりやすく書いてあります。上咽頭(のどちんこの裏)が人間の免疫にどのように影響しているかが高いレベルで解説してあり、この部分を治療することによって IgA腎症 アトピー性皮膚炎 潰瘍性大腸炎など、完治が難しい難病に有用であることが書かれています。決して万能の処置では無いこともきちんと書かれていますが、いかに多くの患者さんがこの処置の恩恵を受けているかわかります。西洋医学を極めた名医と知られる堀田修先生が耳鼻咽喉科で古くから行われてきた処置「上咽頭への塩化亜鉛塗布」に注目して、「昔の医師が行っていた処置の意味」を現代になって解き明かす、「眼からウロコ」の本です。私は一人の耳鼻咽喉科開業医として感動しました。


ガン・難病の医療相談 推奨医療機関 講演会・ミーティング予定 ご入会/会員ログイン