統合医学健康増進会は末期癌有効率9割の「ジェネピック」を推奨します!

分離独立とHPリニューアルのお知らせ

旧NPO法人統合医学健康増進会(統合医学で健康になる会)は、以下の事業を行うべく、2011年8月に旗揚げされ、2012年11月にNPO法人として認定されました。その後、旧NPO法人 統合医学健康増進会は、2016年4月に、上記事業の1〜5と、事業6を行うグループに分離しましたのでお知らせします。事業1〜5を行うグループは、「日本健康情報倶楽部」という名称を経て、「一般社団法人 日本先進医療推進機構」として当HPを引き継ぎました。また、事業6を行うグループは、名称変更せず「NPO法人 統合医学健康増進会」として、新HPに移転致しました

1.ガン治療、難病治療のご相談のご案内
2.統合医療の治療法と統合医療を行う医師のご紹介
3.上記医師を支援する会員組織と全国の各支部のご紹介
4.統合医学の医師を支援する臨床研究のご紹介
5.臨床研究で効果測定された認定商品のご紹介
6.講演会・勉強会などイベントで統合医学の重要性を広報する活動

「薬が病気をつくる ~薬に頼らずに健康で長生きする方法」

当会理事・宇多川久美子氏の最新刊
「薬が病気をつくる ~薬に頼らずに健康で長生きする方法」
宇多川久美子著「薬が病気をつくる」
【→書籍の購入はこちらをクリック→Amazonから購入できます!】

 

内容紹介
exciteニュース、livedoorニュース、産経Biz、Yahoo! ネタりか、
読めるモ、Nicheee! ほか、ネットにて多数紹介され いま話題の1冊!

 

東スポにも紹介されました!

 

あなたの健康は、医者も、薬も、守ってくれません。
健康診断で病人に認定され、薬で病気になる――。そんな生き方は、もうやめませんか。

 

薬剤師として医療の現場に身を置く中で、薬漬けの治療法に疑問を感じ、本当に
人を健康にするために必要なものは何か。それをまとめたのが、本書です。

 

第1章「薬が病気をつくる」では、身近な市販薬や漢方薬、サプリメント、
予防接種などに触れ、“薬さえ飲めば病気は治る"という誤った認識に警鐘を鳴らします。

 

第2章「医療が病気をつくる」では、医療界の実情を明かし、
薬害がなくならない現実や、新しい“病気"“病人"がつくられる実態について告白。

 

第3章「薬をやめると病気が治る」、

 

そして第4章「薬をやめるとがんも治る」では、病気・がんとは何か、どうして病気・がんになるのかを解説し、
生活習慣や思考法を改善することにより、身体に備わっている免疫力が高まり、自然治癒力が発揮できる身体づくりの重要性を説きます。

 

第5章「病気にならない身体のつくり方」では、著者自らの経験と栄養学・運動生理学などの豊富な知識を活かした、
正しいウォーキング法や食事の採り方、オリジナルエクササイズなど、病気にならない健康法を伝授します。

 

薬剤師としての知識、経験を根幹に、栄養学・運動生理学、ウォーキング(デューク更家氏の愛弟子)などを学び、
運動や食事も指導できる“薬を使わない薬剤師"となった著者だからこそ書けた、これまでにない1冊。

 

小児科医 真弓 定夫氏推薦!

 

「終戦後、クスリの使用量が激増するのに伴って、クスリによる死亡例も増加し、いまや交通事故死の5倍に達しています。
そうした中にあって、薬剤師でありながら、自らもクスリを服さず、クスリの怖さを訴え続けているのは、患者さんのことを考えているから。
彼女の真摯な姿勢に、小児科医として心からの敬意を捧げます

 

真弓定夫」

 

出版社からのコメント
その薬を飲む前に必ず読んでください!

 

感想続々…!

 

●「毎食後11錠を服用している薬漬けの状態です。本書を読んで 少しずつ減らしていこうと決心しました」(62歳・男性)
●「薬は症状を緩和してくれるけれど、根本的な解決にはならない という話に納得。健康な身体づくりを始めます」(55歳・女性)
●「サプリメントは、人工的な死んだ食品という指摘にドキッ。 それ以来、怖くて飲んでいません」(42歳・女性)
●「子どもに薬をどれだけ飲ませたかで、将来が決まるとは…… 娘夫婦に必ず読ませたい」(56歳・男性)
●「つらかったから薬を飲んだのに、かえって具合が悪くなった。 その理由がよくわかりました」(70歳・女性)
●「薬剤師は薬を飲まないという言葉に、愕然としました。 このエクササイズで代謝のよい体質をつくります」(61歳・女性)
●「たいていの病気は、自分の力で治せるんですね。 薬は最後の最後にという言葉に勇気をもらいました」(58歳・男性)

 

――― モニターさんより

 

いまや、たくさんの薬の広告・CMが流れ、私たちの生活では「何かあったらすぐ薬」が、当たり前になっています。
でも、だからこそ、正しい知識を得て、自分の身体、健康を守るための上手な付き合い方を知る必要があります。

 

本書では、薬に対する誤った認識や副作用の恐怖、病院と製薬会社の関係性など、
世間で知られていない薬の裏側をわかりやすく説明。薬の怖さや薬が氾濫している
背景を明らかにしつつ、子どもにも焦点を当てながら、薬に頼らずに健康な身体を
手に入れる方法をアドバイスしています。
これまで誰も言ってこなかったような、薬、医者、医療で実際に起きていること、知っておくべきことが満載。
健康について考えるにも、人生を考えるうえでも、必読の1冊であること、間違いありません。

 

著者について
宇多川久美子

 

薬剤師・栄養学博士(米AHCN大学)・ボディトレーナー
一般社団法人国際感食協会代表理事 有限会社ユアケー代表取締役
ハッピー☆ウォーク主宰 NPO法人統合医学健康増進会常務理事

 

1959 年千葉県生まれ。
明治薬科大学卒業。
薬剤師として医療の現場に身を置く中で、薬漬けの医療に疑問を感じ、「薬を使わない薬剤師」を目指す。
現在は自らの経験と栄養学・運動生理学などの豊富な知識を活かし、
感謝し、感動し、五感でおいしく食べる「感食」、一万歩という「量」ではなく、正しい歩き方で「質」を高め、
楽しく歩く「ハッピー☆ウォーク」、オリジナルエクササイズ「ベジタサイズ」を中心に、
薬に頼らない健康法を多方面に渡り発信している。
その他、講演、セミナー、雑誌等での執筆も行っている。

 

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
宇多川/久美子
薬剤師・栄養学博士(米AHCN大学)・ボディトレーナー。一般社団法人国際感食協会代表理事。有限会社ユアケー代表取締役。ハッピー☆ウォーク主宰。NPO法人統合医学健康増進会常務理事。1959年千葉県生まれ。明治薬科大学卒業。薬剤師。講演、セミナー、雑誌等での執筆も行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


講演会・ミーティング予定 ご入会/会員ログイン 統合医学クリニック案内 認定推奨商品 ガン・難病の治療相談