統合医学健康増進会は末期癌有効率9割の「ジェネピック」を推奨します!

当会の講演会情報をお送りします!

前世療法の奇跡---外科医が垣間見た魂の存在

前世療法の奇跡---外科医が垣間見た魂の存在
萩原 優(著)
前世療法の奇跡 萩原優(著)

内容紹介
聖マリアンナ医科大学病院で
30年以上3000件の手術に携わってきた外科医がたどりついた、
心の治癒力、魂の永遠、今を生きる意味。
//////////////////////////////////////////
死と向き合う人々との体験から確信した
人間に秘められた、科学常識を超えた領域。
/////////////////////////////////////////
◎西洋医学だけがすべてではない
◎告知から10年以上も生き続けた末期ガン患者
◎偽薬で小さくなったガン細胞
◎自分の死期をコントロールする人

◎催眠療法で死の淵から生還した
◎ガンとの対話で得た気づき
◎イメージ療法で撃退した脳腫瘍
◎悩みの原因は前世にあった
◎「見える医療」から「見えない医療」へ
◎抗ガン剤で亡くなる人もいる
◎臓器の訴えを聴いて得た気づき
◎交通事故の後遺症に効果を出した催眠療法
◎感謝の気持ちで旅立つ人たち
◎暴言を吐く人、聖人になる人
◎死ぬことは怖くない
◎あと一年も生きなくてはならないの?
◎臨死体験で聞こえてきた声
◎川の向こうにいる懐かしい人
◎流れに身をゆだねると、気持ちがいい
◎私たちは生かされている

 

かつての私は、西洋医学を信奉する医師の一人にすぎませんでした。
しかし、医療現場で数々の奇跡としかいいようのない体験を重ねるうちに、
病気の治療には、身体だけを見るのではなく、
「心」の部分を見ることも必要なのではないか、
と思うようになっていったのです。

 

大学病院で30年以上、3000件の手術に関わってきた外科医が、前世療法をはじめとする代替医療を積極的に取り入れるに至った経緯や、実際に目にした奇跡的な経過や回復を遂げた患者たちの実例の数々を紹介します。
人の心が肉体に及ぼす影響の大きさや人間の科学を超えた未知なる可能性、魂の存在がうかがえる一冊です。
内容(「BOOK」データベースより)
聖マリアンナ医科大学病院で30年以上3000件の手術に携わってきた外科医がたどりついた、心の治癒力、魂の永遠、今を生きる意味。死と向き合う人々との体験から確信した人間に秘められた、科学常識を超える領域。
著者について
イーハトーヴクリニック院長。医学博士。広島大学医学部卒業。
聖マリアンナ医科大学第一外科にて消化器外科、内視鏡診断・治療、緩和医療に従事し、第一外科講師、消化器外科准教授を経て、外科部長に就任。30年以上にわたり3000件以上の手術に関わり、2005年3月に同大学病院を退職。2006年から2007年まで「森の診療所」院長。2007年、イーハトーヴクリニックを開院。
現在は、イーハトーヴクリニック院長、聖マリアンナ医科大学客員教授、日本緩和医療学会評議員、NPO法人ほあーがんサポートネットワーク代表、日本医療催眠学会理事長、日本ホリスティックアカデミー講師、日本ホリスティック医学協会専門会員、日本メンタルヘルス協会公認カウンセラー、米国催眠療法協会認定マスターインストラクター、米国催眠士協会認定インストラクター、国際催眠連盟インストラクター。
著書には、『がんの催眠療法』(太陽出版)、『前世療法体験CDブック』(マキノ出版)などがある。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
萩原/優
イーハトーヴクリニック院長。医学博士。広島大学医学部卒業。聖マリアンナ医科大学第一外科にて消化器外科、内視鏡診断・治療、緩和医療に従事し、第一外科講師、消化器外科准教授を経て、外科部長に就任。30年以上にわたり3000件以上の手術に関わり、2005年3月に同大学病院を退職。2006年から2007年まで「森の診療所」院長。2007年、イーハトーヴクリニックを開院。現在は、イーハトーヴクリニック院長、聖マリアンナ医科大学客員教授、日本緩和医療学会評議員、NPO法人ほあーがんサポートネットワーク代表、日本医療催眠学会理事長、日本ホリスティックアカデミー講師、日本ホリスティック医学協会専門会員、日本メンタルヘルス協会公認カウンセラー、米国催眠療法協会認定マスターインストラクター、米国催眠士協会認定インストラクター、国際催眠連盟インストラクター、ソマティックヒーリングインストラクター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

 

単行本(ソフトカバー): 208ページ
出版社: ダイヤモンド社 (2014/9/20)
言語: 日本語
ISBN-10: 4478023409
ISBN-13: 978-4478023402
発売日: 2014/9/20
商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 2 cm

 

【レビュー】

 

★19 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 心の青空は誰にでもある, 2014/10/9
投稿者 高橋美保 -

 

どんな試練であっても、超えられない試練は与えない。
小児ガンを煩った子供の言葉のあまりの美しさに、心を洗われる気持になりました。
死を見つめた時、試練戦い見つめ抜いた時、そこには本来だれもがもっている
とても愛おしいく、美しい人間の「心」が現れるんだなと涙があふれました。

 

辛い事、恐い事、病気、自分が意図していなくとも日々様々な事が起こります。
どんなに雨がふっていようとも、逆風がふいていようとも、雲の上はいつも青空がひろがってる。
だれもが持っているけど忘れがちな、大切な心の領域、青空を思い出させて頂いた本でした。
レビューを評価してください

 

 

★31 人中、29人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 多くの患者に育てられた医師の物語, 2014/9/29
投稿者 まぁちゃん "幸せな自己成長セラピスト" (東京都世田谷区) -
(VINEメンバー)

 

外科医としてガン患者さんと向き合い、心の世界を知り、
潜在意識にアプローチする方法として、催眠療法に出会い、
人間という存在と向き合いながら成長を続ける医師の物語である。

 

臨床例がここまで豊富な代替療法の本も珍しいです。
患者さんとお医者さんが人間として向き合うことで、それぞれがそれぞれの成長をしていく過程が興味深い。
そして、筆者と読者である僕が対峙することで気づきを得ていく。

 

今現在の萩原先生が見ている世界はどのようなものなのか。
今後どのような世界にたどり着くのか。

 

自分のやりたいことをやり、愛と慈愛に満たされた人生を送るために。

 

がん患者さん、その家族、医師、代替医療者、セラピスト・・・
多くの方に読んで頂きたい1冊です。

 

生と死に対する何か気づきが起きるかもしれません。

 

人間って美しいなというのが読書後の僕の感想だ。

 

 

★20 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 帯の言葉がすべて, 2014/10/1
投稿者 Amazon カスタマー "ままりん" -

 

ここに書かれていることがすべて事実だと思うと鳥肌が立ちます。外科医の先生と前世療法。一見相容れないようですが、著者は経験から見事に融合されています。お医者様ならではの言葉が説得力を持って飛び込んできます。

 

 

★6 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 とても貴重なお話しがもりだくさんで面白かったです!, 2014/11/29
投稿者 Amazon カスタマー - レビューをすべて見る
レビュー対象商品: 前世療法の奇跡---外科医が垣間見た魂の存在 (単行本(ソフトカバー))
文章から著者の穏やかな優しい雰囲気に包まれてあっというまに読み終わりました。

 

催眠療法のたくさんの奇跡のようなお話しがあり、催眠って面白いなとたくさんの可能性を感じワクワクしました。

 

身体だけが病気になるわけじゃない、

 

心ととても深く繋がっている実体験のお話しがとても面白かったです。

 

たくさんの方の死生観に触れているのですが、不思議と読み終わると癒されている自分がいました。

 

どのような死生観を持っているかで、生き方が本当に変わってくるなと思いました。

 

日常の目の前のことに振り回されがちでしたが、意識のスイッチが変わり

 

振り回されることもあまりなく穏やかに過ごしています。

 

ちょうどこの本を読んでいるときに父が繰り返し手術を受けていて、一度上手くいかなかったときに

 

麻酔でぼんやりしながら父が「やりたいことやってきたから悔いはないなあ」とつぶやいていて

 

普段話すことのない父の思いを聞き平安な気持ちになりました。

 

この本を読んでいなかったら入院中もっといろいろと動揺していたかもしれません。

 

自分だけでなく大切な家族との関係も見つめなおす良い機会になりました。

 

 

★6 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 答えは自分の中にあるんだぁ!, 2014/10/31

 

レビュー対象商品: 前世療法の奇跡---外科医が垣間見た魂の存在 (単行本(ソフトカバー))
催眠療法は、自分で自分の問題としているところに自然と辿り着いて、見たり感じたりと体験することが、問題解決や癒しになると思うと、答えは自分の中に持ち合わせているんだぁ、自分で問題解決ができるんだぁ、という安心感のようなものを感じました。

 

記載されている多くの事例からは、心の奥で感じるもの、気付きや学びがあり、きっと命尽きるまでその繰り返しなのかもしれないという気持ちが芽生えました。「人」って凄いです。人の関わりも素敵です。泣けてしまう程でした。

 

終始とても静かに丁寧に、著者の体験されてこられた事実や気持ちなどが書かれているので、心に素直に入ってきました。

 

 

★18 人中、15人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 ガンは気づいてほしいことがあるから、そこにいる, 2014/10/5
投稿者 中山有美 -

 

身内にガン患者がいる時、あるいは自分自身がそうなった時、今までは「ガンの声を聞く」などということはあり得なかったでしょう。
しかし病気とは自分自身だけでなくそのまわりで関係する家族や友人・知人にまでいろいろな影響を与えます。
わたしも末期ガンの父を大学病院の緩和病棟で看取りました。しかしその時に本当の緩和とは?最期とは?その家族への対応などたくさんの疑問が残りました。この著書の中には「代替医療は心を扱う」「死に向かう人々」「魂の存在を信じて」という章があります。
外科医の先生が西洋医学以外にも道を求めた理由や催眠療法との出逢い、そのリアルなセッション風景などがとても丁寧に書かれています。
多くの奇跡的な体験から病気にとっていかに「心」が大切か?ということがこの1冊の中に誠実に書かれていると思います。

 

 

★3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 前世療法のパイオニア, 2014/12/1
投稿者 楊嵐 (東京都) -

 

前世療法のパイオニア的な存在。この手の本として知識的にはやや物足りないが、著者の人柄がよく伝わってきて好感が持てる。
祈祷や超能力といった、まがいものの能力を目指す一環として前世療法を志す探求者が多い中、西洋医学にどっぷりつかってしっかり地に足が着いたひとだからこそ、説得力がある。
ただご自身の体験や患者の話をもっと掘り下げればよかったかも。

 

 

★7 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 世界に魅き込まれ、あっという間に読み終えてしまいました!, 2014/10/20
投稿者 Angel -

 

癒しオーラいっぱいの萩原先生の新刊☆ページを開いた途端、その世界に魅き込まれ、あっという間に読み終えてしまいました!
医学博士でもある萩原先生が、ドクター目線での経験やアドバイスなど、勉強になる内容がいっぱいです。前世療法(催眠療法)について、まだまだ誤解の多い今、萩原先生のような愛に溢れたドクターが、その誤解を解き、真の催眠療法を的確にお伝えして下さることによって、多くの方の心の目が開かれるでしょう。
臨床例も、わかりやすく多数掲載されていますので、プロのヒプノセラピストの方にも、これからヒプノセラピーをお受けになりたい方にも、お勧めの1冊です。ありがとうございます。

 

 

3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 魂の大切さが判る本です。, 2014/11/4
投稿者 掛下昌己 -

 

聖マリアンナ医科大学病院で、30年以上3,000件の手術に携わってきた外科医がたどりついた、心の治癒力、魂の永遠、死と向き合う人々との体験から確信した人間に秘められた、科学常識を超える領域が、証明されたものと感じました。
余命1カ月と告げられた、義兄と、健康な弟にもこの本をプレゼント致しました。

 

 

★3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 前世療法の奇跡---外科医が垣間見た魂の存在 について, 2014/12/5
投稿者 ペルモモ -

 

前世療法が客観的にせつめいされていて、おもしろい内容でした。


 
講演会・ミーティング予定 ご入会/会員ログイン 統合医学クリニック案内 認定推奨商品 ガン・難病の治療相談