統合医学健康増進会は末期癌有効率9割の「ジェネピック」を推奨します!

分離独立とHPリニューアルのお知らせ

旧NPO法人統合医学健康増進会(統合医学で健康になる会)は、以下の事業を行うべく、2011年8月に旗揚げされ、2012年11月にNPO法人として認定されました。その後、旧NPO法人 統合医学健康増進会は、2016年4月に、上記事業の1〜5と、事業6を行うグループに分離しましたのでお知らせします。事業1〜5を行うグループは、「日本健康情報倶楽部」という名称を経て、「一般社団法人 日本先進医療推進機構」として当HPを引き継ぎました。また、事業6を行うグループは、名称変更せず「NPO法人 統合医学健康増進会」として、新HPに移転致しました

1.ガン治療、難病治療のご相談のご案内
2.統合医療の治療法と統合医療を行う医師のご紹介
3.上記医師を支援する会員組織と全国の各支部のご紹介
4.統合医学の医師を支援する臨床研究のご紹介
5.臨床研究で効果測定された認定商品のご紹介
6.講演会・勉強会などイベントで統合医学の重要性を広報する活動

顧問・相談役のご紹介

◆当会の顧問・相談役(敬称略)

名誉会長

画像クリックでHPへ

高原喜八郎先生
【医師の会初代会長代行・専任幹事】(医師、統合医学医師の会初代会長代行)
HPはこちら
(医師・医学博士、千本桜高原クリニック院長)
(国際文化栄誉勲章受勲・統合医学医師会・発起人)高原先生は、「癌は精神・食事・運動の3つの観点が欠かせない」と説き、独自の癌治療理論に基づく診療を行っています。「手術、抗がん剤、放射線の3者のみのがん行政の結果"がん死者数鰻登り上昇カーブ"なのであるから代替医療の認可を怠る行政の責任は重大」と主張。「蘇るかがん大国日本」など著書多数。医学博士・臨床検査医。

第二代・会長(理事長)

画像クリックでHPへ

白川太郎先生
【医師の会第四代会長】(医師、統合医学医師の会・第4代会長)HPはこちら

 

東京中央メディカルクリニック理事長、京都大学元教授)
1983年京都大学医学部卒業。英国オックスフォード大学医学部留学を経て、2000年京都大学大学院医学研究科教授。2008年6月 長崎県諫早市にユニバーサルクリニックを開設、院長に就任。2013年東京銀座に、東京中央メディカルクリニックを設立、理事長に就任。オックスフォード大学留学中にネイチャー、サイエンスなど一流誌へ多数論文を発表し、日本人医学者としてトップクラスの論文引用数を誇る世界的な遺伝子学者である。現在は、病院から「もはや打つ手なし」と見離された患者たちを死の淵から救う「V〜W期がん治療専門医」として、「免疫治療」「遺伝子治療」「温熱療法」という三つの治療法に、さらに全身状態改善のための「栄養療法」を組み合わせた治療を行なっている。

副理事長

首藤紳介先生

首藤紳介 
【内科・小児科医、表参道首藤クリニック【当会顧問・首藤紳介先生・院長】
愛知医科大学卒業。小児科医として、大学病院や民間病院の救急外来、未熟児集中治療室などで現代医学を研鑽。自身の様々な経験から、薬だけに頼らず、自己治癒力を高め、健康と美を保つための医療を目指すようになる。2010年より、自律神経免疫療法で有名な湯島清水坂クリニックに勤務。ガン、膠原病・リウマチ、アレルギー(アトピー性皮膚炎、気管支喘息)、精神疾患などに対し、多くの臨床経験を積み、薬に頼らずとも高い治療成績を残す。老人の在宅訪問診療や、精神科病棟の勤務も経験。世界初となる「水素温熱免疫療法」や補完代替医療、最先端の再生医療や点滴療法など、更なる医療の可能性を求め2013年5月より、表参道首藤クリニックの院長を務める。

特別顧問

帯津良一先生

帯津良一先生
帯津三敬病院・理事長
【医師の会名誉会長】[外科、帯津三敬病院・名誉院長] 1936年埼玉県生まれ。東京大学医学部卒業。東京大学医学部第三外科、共立蒲原総合病院外科、都立駒込病院外科医長などを経て、埼玉県川越市に帯津三敬病院を開設し院長となる。西洋医学に中国医学や代替医療を取り入れ、ホリスティック医学の確立を目指す。2002年「楊名時健康太極拳21世紀養生塾」を設立、塾頭となる。代替療法への造詣が深く治療に積極的に取り入れるほか講演や大学での講義など多数行う。医学博士。日本ホリスティック医学協会会長。日本ホメオパシー医学会理事長。「ガンを治す大辞典」「ガンを治す療法辞典」「達者でポックリ。」「生きる勇気、死ぬ元気」「ホリスティック医学入門」他著書多数。日本のホリスティック医学(統合医学)の先駆者として名高い。

特別顧問

画像クリックでHPへ

安保徹先生 HPはこちら
(新潟大学大学院医歯学総合研究科・免疫学・医動物学分野)新潟大学大学院歯学総合研究科教授(国際感染医学・免疫学・医動物学分野)。 
1947年青森県生まれ。東北大学医学部卒。米国アラバマ大学留学中の1980年に「ヒトNK細胞抗原CD57に対するモノクローナル抗体」を作製、1989年にはそれまで胸腺でのみつくられるとされていたT細胞が、じつは肝臓や腸管上皮でもつくられていることをつきとめ胸腺外分化T細胞を発見した。1996年白血球の自律神経支配のメカニズムをはじめて解明。さらに1999年にマラリア感染の防御が胸腺外分化T細胞によって行われることを発見。2000年には百年来の通説であった胃潰瘍=胃酸説を覆す顆粒球説を米国の医学誌Digestive Disases and Siencesに発表し、大きな衝撃を与える。数々の重要な発見を達成し、英文論文の発表数は200本以上。国際的な場で精力的に研究成果を発表、活躍し続けている世界的免疫学者。著書に『免疫革命』『新がん革命』『免疫学問答』など。

特別顧問

真弓定夫先生

真弓定夫先生
(真弓小児科医院・院長)
1931年東京生まれ。
東京医科歯科大学卒業後、佐々病院小児科医長を務めたあと
1974年武蔵野市吉祥寺に真弓小児科医院を開設。
“薬を出さない・注射をしない”自然流の子育てを提唱。
2003年に社会文化功労賞受賞。
「医者いらずクスリいらずの健康法」など著書も多数。

顧問

菅野光男先生
(医師。牧師。伊豆東部総合病院内科外来勤務)
1959年キリスト教(S.D.A)牧師就任。1980年4月M.C.U(医学部卒業)M.D授与。1980年8月東京衛生病院医局研修員入局。1991年菅野クリニック医院院長。牧師から医師を志し、体に害のある薬を処方せず、患者の自然治癒力を高める自然食材やサプリメント、温熱療法などによって治療する医師として有名。主な著書に「知られざる自然治癒力の驚異―こうすれば病気は自分で治せる(岩立民生/菅野光男共著・三想出版)」などがある。

顧問

小林びんせい先生

画像クリックでHPへ

小林敏生先生 HPはこちら
(ナチュロパシスト)   
35歳のときに突然インシュリン依存型の糖尿病になり健康について真剣に考えるようになった。マッサージ、鍼灸などを習得しながらニューイングランド大学を卒業しWHO基準の自然療法士となる。西オーストラリアからシドニーに移り自然療法院を開院。シドニーではオーストラリアの著名なメンズ・ファッションデザイナー マークケーリー氏の当時医師からは見放されていた末期肺がんを回復させファッション業界に復帰させたことなどで評価を受けた。2008年23年ぶりに日本に帰国 EGAWOナチュラルヒーリングにおいて心と体を癒す自然療法の実践と教育を中心に活動中。世界基準のナチュロパス・自然療法を行っています。

顧問

酒向猛先生
島村トータル・ケア・クリニック副院長)
1950年岐阜県恵那市出身。1976年順天堂大学医学部卒業。1986年名古屋大学医学研究科卒業。1988年医学博士。多治見病院外科部長兼中央手術部部長、2008年セントマーガレット病院・統合医療科部長を経て、現在島村トータル・ケア・クリニック副院長。医学の閉塞状況を改善するため東奔西走で活躍中。独自の臨床理論は千島学説継承の第一人者として期待されている。主な著書:癌を克服するために。隠された造血の秘密(Eco・クリエイティブ)など多数。

顧問

鈴木秀夫先生

 

鈴木秀夫先生
医療法人社団緑風会・鈴木医院・院長
【腫瘍内科、日本腫瘍学会理事長】
千葉県出身、日本大学医学部卒業、第二内科学教室に入局。循環器内科、特に不整脈の研究をする。1989年鈴木医院開業。鍼灸、漢方等の東洋医学を取り入れ、食事療法等の自然治癒力を導く治療を基礎に研究を行う。日本腫瘍学会理事長。西洋医学を軸に漢方、鍼灸、サプリメント、食事療法に加え遺伝子治療、癌活性消滅療法(MW)等の治療法を取り入れ効率的な治療と予防指導を行う「統合医療」を実践、あきらめない医療で ひとりでも多くの方に幸せになっていただくことを目指しています。

顧問

住田先生

 

住田憲是(かずよし)先生
望クリニック・院長
1946年愛知県生まれ。68年岐阜薬科大学卒。75年東邦大学医学部卒。同大整形外科医局に入局するも従来の整形外科治療に不足を感じ様々な整形外科治療を検証するなかで、86年AKA-博田法に出会う。以後、整形外科領域の痛み治療に限定した診断・治療に邁進。日本AKA医学界専門医・指導医・理事。「その痛みはきっと取れる」「痛みの治療革命」「よくわかる最新医学-腰痛」など著書多数。

顧問

関野一先生

 

関野一(せきの・はじめ)先生
(内科、東京中央メディカルクリニック勤務) 85年京都大学医学部卒。ガンや難病など慢性病と生活習慣病を治せない現代医療の欠陥に気づき、高原医師・白川医師より薫陶を受けて統合医学の世界に入る。2013年東京中央メディカルクリニック(中央区銀座)に勤務。西洋医学のみでは「もはや打つ手なし」と見離された末期ガン患者をはじめ、奇病・難病で苦しむ患者にもスポットを当て、患者たちを絶望の淵から救う「奇病・難病治療医」として西洋医学と代替医療を組み合わせた統合医学的治療で、結果を出すべく奮闘中。

顧問

高野弘之
【内科・小児科医、池尻クリニック・院長】
統合医学医師の会・会員医師
自治医科大学卒。出身県である長崎の離島で診療に携わり、地域医療の第一線で診療を続けていく中で「やれることをやる」だけでなく「やらなくて済むことをやらない」医療を目指す。総合病院ではできない自身の信念と治療方針を実現すべく、東京で池尻クリニックを開業。現代医学の素晴らしい面と代替医療の素敵な面を生かしながら、両者を統合して健康に寄与できる新しいタイプのクリニックを目指しています。

顧問

画像クリックでHPへ

新田紀夫先生 HPはこちら
(医師。外科医師。現在はミネラル治療研究家。医療法人翠十字杜都千愛病院勤務)
昭和43年3月弘前大学医学部卒業。山形県立中央病院外科兼麻酔科を経て、東北大学第二外科入局、その後陸上自衛隊地区病院外科部長を歴任し、全人的医療を行なってきました。ところが、西洋医学では未病の治療が出来ないのです。放っておいたら病気になるのがわかっているのに、発病しないから治療が出来ない。癌治療にしても、手術や化学療法が適応でない場合、患者の治療方法がないので、最終的に治療拒否になり難民化、そんな矛盾を感じていたときに出会ったのが、医療に替わるもの⇒代替医療⇒「超微量ミネラル水溶液による治療、再発防止そして発病予防でした。

顧問

画像クリックでHPへ

萩原優先生 HPはこちら
イーハトーヴ・クリニック院長)
1945年生まれ。広島大学医学部医学科卒。内視鏡の診断・治療、消化器疾患の外科治療が専門。聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院外科部長。退職後客員教授。現在は催眠療法・前世療法などホリスティック医療を行うイーハトーヴクリニック院長。心と体のバランスを保つには心が重要とし、心の歪みをヒプノセラピーや心理カウンセリングなどを用いて人間本来の生き方に戻すことにより悩みの解消や健康の回復に導く。主な著書に「がんの催眠療法」(太陽出版)、「前世療法体験CDブック」(マキノ出版)などがある。

顧問

星野泰三先生

星野泰三(ほしの・たいぞう)先生
【腫瘍内科、プルミエールクリニック院長】
医学博士。1988年東京医科大学卒業。同大学大学院にて腫瘍免疫を研究。94年米国立衛生研究所(NIH)にてがん遺伝子治療の研究、再生不良性貧血の研究、先天性再生不良 性貧血の原因究明に従事。帰国後QOLを重視した腫瘍免疫を臨床的に探求。02年プルミエールクリニッ ク開設、院長就任。03年東京・京都統合医療ビレッジ開設理事長就任。10年統合医療専門学校を設立。免疫治療のエキスパートとして先端細胞医学から伝統医学までを駆使した芸術的プライベート医療を行っている。「星野式温熱リンパ球治療」、「統合医療でガンを防ぐガンを治す」、「スーパー免疫人間に生まれ変わる法」「衝撃の未来医学 万能細胞治療」など著書多数。

顧問

星野仁彦先生

星野仁彦(ほしの・よしひこ)先生
(精神科、ロマリンダクリニック勤務) 1973年福島県立医科大学卒業、神経精神科入局。79年医学博士。84〜85年米国エール大学児童精神科留学。93年よりロマリンダクリニック心療内科勤務。2001年福島県立医科大学神経精神科助教授。03年福島学院大学福祉学部教授。06年福島学院大学大学院附属心理臨床相談センター所長。1990年に大腸ガンを発症し切除手術を受けるが7ヵ月後に再発(肝転移)。ガンの食事療法「ゲルソン療法」を簡略化した「星野式ゲルソン療法」を考案・実践し克服した経験を持つ。「大人の発達障害を的確にサポートする!」他著書多数。

顧問

画像クリックでHPへ

前田華郎先生
【医師の会第2代会長】
HPはこちら
アドバンス・クリニック横浜院長、東京女子医大元教授)
前田先生は、現在診察半年待ちの超人気クリニック院長です。外科手術で癌は治らないと痛感し、専門分野の傍ら自然療法を取り入れた治療の研究を深め、癌エネルギー消滅療法、温熱療法、Oリング検診など独自の癌治療で結果を出し続けています。「がんになった医者が書いたがんの本当の治し方」、「がん治療に苦痛と絶望はいらない」など著書多数。医学博士。

顧問

松島修二先生

松島修二(まつしま・しゅうじ)先生
【腫瘍内科、プルミエールクリニック勤務】帝京大学医学部卒業。大学での研修のかたわら星野医師に師事し、免疫学について幅広い知識を得る。統合医療ビレッジの付属中央研究所にて、活性化リンパ球の培養および免疫チェック解析に携わる。これらの免疫療法を専門としたがん治療に携わってきた経験と免疫チェック解析という生物学的なドックで身体の状態や将来の予想を立ててきた解析方法を活かし、現在、腫瘍外来、温熱治療計画外来を行っている。

顧問

宮島賢也先生

宮島賢也(みやじま・けんや)先生
【精神科、湯島清水坂クリニック・院長】神奈川県出身。防衛医大を卒業し循環器内科研修中に1ヶ月の休職。家庭医に転じるも意欲が出ず精神科受診したところうつ病との診断。7年間投薬治療を受けるも改善せず医師以外が書いた本を読み、自己啓発や心理学のセミナーで学び食生活と考え方を変えて人間関係を楽にするメンタルセラピーを自ら考案。現在、薬を使わない精神科医として全国で講演活動中。国際メンタルセラピスト協会専務理事。自律神経免疫療法の湯島清水坂クリニックでは精神疾患だけでなく、癌・リウマチ・アトピーなどの治療にもあたっている。

顧問

村上信行先生

村上信行(むらかみ・のぶゆき先生
(精神科、ホロス松戸クリニック院長、高野山・阿闍梨)東京生まれ函館育ち、医師・坊主・事業主。学生時代にヨーロッパ、中近東、インドを放浪してからいまだに世界観がぶっ飛んでいます。現代医学に限界を感じ、ホリスティック医学を超えてとうとう高野山の坊主になっても飽き足らず、さらに次の世界を渉猟しています。昭和53年東京医科大学卒業、昭和59年12月医学博士号取得。 東京医科大学精神医学教室入局後、医療法人木村病院勤務を経てホリスティックヘルス研究所設立、平成10年3月ホロス松戸クリニック開設、院長。平成15年10月高野山真言宗・阿闍梨を取得。著書に「悩んでいたいですか?」など。

顧問

飯塚啓介先生

飯塚啓介(めしつか・けいすけ)先生
【内科、元防衛医大助教授、Aiクリニック院長。】 1949年島根県生まれ。1975年東京大学医学部卒業後、耳鼻咽喉科、頭頚部外科の臨床研究に従事し東京女子医科大学講師、防衛医科大学助教授、日本赤十字社医療センター部長を歴任。東京都衛生局参事、特定医療法人徳州会グループ顧問などを経て2008年3月よりAiクリニック(旧西新宿山手クリニック)院長。国民病といわれるがんの予防と治癒率向上を目指し遺伝子診断と遺伝子治療を専門に行なっている。「鶏口(けいこう)となるとも牛後(ぎゅうご)となるなかれ」がモットー。健康維持と病気予防のための運動として毎日自転車に乗っている。主な著書:「ガンは「生活習慣」が「遺伝」の10倍」(講談社)など。

顧問

 

森時孝先生(C.L.I.内科皮膚科診療所理事長)
政財界人から著名人まで症例数30000名以上の治療実績を持つガン・難病治療の重鎮。独自のヨード製剤を用いてがんの治療にあたっている。ヨード製剤はもともとガン学会で群馬大学内科の七条小次郎教授(当時)が「バセドウ氏病患者はガンになる率が他の人間の千分の1で甲状腺粉末を内服するとガンに罹りにくくなる」と話していたことからヒントを得て、ヨードにより免疫機能も高めることに注目し、ヨードの抗癌効果を生かす方法としてMMKを開発した。現在はガンだけでなく様々な難病を治癒させるための細菌研究センターを運営し、全国の大学とも連携して、パラメシウム製剤、プラセンタ製剤なども用いてガンと難病の治療にあたっている。

顧問

【プルフィール準備中】
秋山嘉昭先生(秋山歯科医院院長)

顧問

【プルフィール準備中】
石田和男先生(新宿ヘルスケアクリニック院長)

顧問

中川哲夫先生

【プルフィール準備中】
中川哲夫先生(中川歯科医院院長)

顧問

 

【プルフィール準備中】
服部米子先生(東京中央メディカルクリニック勤務、科学的無痛中国ハリ)

顧問

【プルフィール準備中】
牧野英一郎先生(医学博士、武蔵野中央病院院長)

相談役

画像クリックでHPへ

安田晴彦先生 HPはこちら
(心理カウンセラー、生活習慣病予防指導士) 
1952年1月18日生まれ。日本カウンセラー協会公認・心理カウンセラー、日本ホリスティック医学協会公認・生活習慣予防指導士。最適健康を創る会、青色申告会、商工会議所、美容組合共催など全国的に講演活動多数。
■分子栄養学と心理学の視点から、25年間で約10万人の方々に、講演及び、心理カウンセリング・栄養カウンセリングをさせていただきました。分子栄養学・心理学から見た、身体全体のしくみや、身体と栄養、心と身体の因果関係を知っていただき、皆様の健康管理にお役立ていただければ、幸いでございます。

顧問・相談役紹介関連ページ

設立趣旨
当会の理念
活動方針
役員紹介

講演会・ミーティング予定 ご入会/会員ログイン 統合医学クリニック案内 認定推奨商品 ガン・難病の治療相談