統合医学健康増進会は末期癌有効率9割の「ジェネピック」を推奨します!

当会の講演会情報をお送りします!

当会の理念(=ミッション=究極の目的)

◆当会の理念 (=ミッション =究極の目的)

 

『日本からガンと難病を無くしたい!』

 

統合医学で健康になる会は、

 

一人でも多くの人に正しい知識と治療法を伝えることが

 

使命であると考え、行動しています。

 

当会のミッション(=理念=究極の目的)

 

【当会のミッション】

 

あなたは「百番目のサル」の話を聞いたことがありますか。

 

日本の宮崎県のある島で、

 

一匹のサルが食料のイモを海水で洗って食べるようになりました。

 

その後、それを真似したサルが現れましたが、99匹を超えるまでは、

 

その他のサルたちは、特にイモを洗わずそのまま食べていたのに、

 

百番目のサルが洗い始めたとき、宮崎のサルだけでなく、

 

地域を超えて大分のサルや、日本中のサルまでもが、

 

同じようにイモを海水で洗い始めた、というものです。

 

 

ある一定の数(臨界点)に到達すれば、

 

その後は、自然に増え続けていくという、ひとつの法則性として、

 

「百番目のサル現象」として知られています。

 

 

実はこの話はライアル・ワトソンという学者の創作だったのですが、

 

これと同じような法則が、人間界にも当てはまることが、

 

社会学者、エベレット・ロジャーズのイノベータ理論によって、証明されています。

 

 

1962年に、当時スタンフォード大学の教授だったロジャーズは、

 

新しい潮流を作る革新者=イノベーターが成功するためには、

 

先駆的なオピニオンリーダー層に、そのアイデアが採用されることが必要で、

 

これに成功すれば、その革新的なアイデアは、

 

社会の臨界点(16%)を超えて、増え続けていくと発表しました。

 

 

この法則は世界的に知られており、

 

これを使って大成功したソニーのウォークマンの話は大変有名です。

 

 

当会のミッションは、「日本からガンと難病をなくす!」ことです。

 

そのために、以下に述べる革新的で、しかし具体的な方法論を、

 

日本の医療関係者・健康業界関係者、約650万人の16%

 

つまり、普及の臨界点を超える人数、約100万人に伝えることが目標です。

 

 

 

当会では、

 

「ガンとは不治の病ではなく、生活環境悪化による対応した適応現象で、細胞の先祖還り現象である。」

 

「ガンの初期段階は低体温・低酸素に起因する。」

 

「低体温・低酸素の主要な要因は、高ストレスと栄養不均衡と運動不足の慢性状態である」

 

「ガンは病状の悪化だけでなく、環境条件や治療方法によって、可逆的に進行し、小さくなったり消滅したりする」

 

という、安保徹先生(新潟大学大学院教授で、免疫学の世界的権威)の仮説を支持します。

 

 

そして、安保徹先生の仮説を理論的基礎として、

 

実際の臨床に応用した白川太郎先生の臨床理論を支持します。

 

 

安保徹先生の仮説に従えば、

 

ガンは栄養障害と運動不足に起因する代謝不全、抗酸化不足、血流障害などに伴う低体温が原因の半分で、

 

もう半分は、過度なストレスや浅い呼吸に起因する酸素不足によって発生するエネルギー障害、

 

つまりミトコンドリアのサボタージュ(=細胞の先祖還り現象)です。

 

 

対策としては、代謝不全、抗酸化不足、血流障害への対策のための栄養対策と運動対策、

 

そしてエネルギー発生障害への対策として、酸素保全のための呼吸法の工夫とストレスの緩和が、重要です。

 

 

つまり、安保徹先生の仮説と白川太郎先生の臨床理論を基盤とした場合、

 

ガンという疾病に対する具体的な解決策は、手術、抗ガン剤、放射線の多用ではなく、

 

より自然な治療法、つまり食事療法としてゲルソン療法や食養法、

 

栄養療法としてサプリメント療法や点滴療養、

 

温熱療法として注熱療法や岩盤浴や温泉療法、

 

その他、呼吸法、ホルミシス療法、リラクゼーション療法などの、

 

統合医療的な、複合治療が有効であるといえます。

 

 

私たちは、そうしたガンに対する具体的な知識を

 

ある一定の層の人たちに広げることで、日本の医療が変わると考えています。

 

そして、それは条件さえ整えば、

 

5年で達成することも可能なのではないか、と考えています。

 

 

「原因不明の難病で、かつて不治の病だった壊血病は、ビタミンCの不足が病気の原因だと世間に広く浸透した結果、なくなりました。」

 

「江戸患いと言われ、やはり不治の病と恐れられた脚気は、ビタミンB1欠乏が原因だと、世間に浸透した結果、消えていきました!」

 

ガンという病気も同じです

 

安保仮説と白川理論から、その対策としての統合医学式治療法が、世間に広く浸透し、

 

ガンの発生と成長、そして縮小と退行について、多数の患者による臨床データとして、ハッキリしてくれば、

 

5年とは言わないまでも、ガンという病気は近い将来、、恐い病気ではなくなると、私たちは考えています。

 

そして、同様にして、近い将来、ガンという病気の脅威は、無くなり得ると、私たちは考えています。

 

 

現時点での「情報」を、近い将来、日本人の「常識」に変えるために、

 

100万人以上の心ある賛同者に、この事実を伝える事が当会の目標です。

 

ぜひあなたの力を貸してください。

 

よろしくお願いします。

当面の目標

◆当面の目標

 

当会の当面の目標は、

 

IMDS(学術団体・統合医学医師の会)発起人であり、

 

当会(IMHS)名誉会長である高原喜八郎先生たちが提唱する

 

「ガンは不治の病ではない。統合医学という新しい治療哲学と、

 

実際に治せる治療法がこの世にはある!」

 

という「情報」を日本の「常識」にするために、

 

100万人以上の医療関係者や民間の治療家、

 

健康・美容業界関係者、

 

ガンや難病で苦しんでいる患者とその家族、

 

そして一般の方たちに、伝える事です。

 

 

そしてIMDS(学術団体・統合医学医師の会)名誉会長で、

 

当会(IMHS)顧問の帯津良一先生たちが提唱するように、

 

「真の医療とは「治癒」とい文字が表している通り、

 

体を「治す」だけでなく、心を「癒して」初めて「治癒」なのだ」、

 

という当たり前なのに、これまで忘れられてきた治療哲学を、

 

全人的な医療(ホリスティック医療)という立場から問題提起し、

 

「体」だけの治療ではなく、「心」も癒し、

 

そして最終的にはその人の全てとも言える

 

「魂」さえ救うことが出来る新しい治療体系として、

 

「統合医学」があるという情報を伝えること。

 

 

またIMDS会員医師で、当会顧問の安保徹先生たちが提唱する、

 

「ガンや生活習慣病などの現代病は、

 

「環境」・「生活習慣」の悪化、「対人関係」のストレスなどによって、

 

細胞の遺伝子変異のスイッチが入っただけ、

 

環境が良くなればスイッチが切れて、元の正常細胞に戻る」という説から、

 

正常細胞に戻し病気を治すための方法として

 

「対症療法」と「原因療法」を組み合わせる「統合医学」を伝えること。

 

 

そしてIMDS第四代会長で、当会の現会長である

 

白川太郎先生たちが提唱するように

 

「これまでガンが治らなかったのは、ガンの病巣まで届く武器を使っていないからで、

 

武器(対症療法+原因療法という治療の組み合わせ)と、

 

サポート(家族の支え、医師との信頼関係)さえ間違わなければ

 

高確率で治すことが可能」という情報から、

 

具体的な治療法の知識や、病気との取り組み方を、

 

広く世の中に伝えることが目標です。

 

 

(※病気との取り組み方や治療法の具体策は、

 

当会発行資料「現代病になったら・現代病にならないために」をご参照ください)


 
講演会・ミーティング予定 ご入会/会員ログイン 統合医学クリニック案内 認定推奨商品 ガン・難病の治療相談