統合医学健康増進会は末期癌有効率9割の「ジェネピック」を推奨します!

分離独立とHPリニューアルのお知らせ

旧NPO法人統合医学健康増進会(統合医学で健康になる会)は、以下の事業を行うべく、2011年8月に旗揚げされ、2012年11月にNPO法人として認定されました。その後、旧NPO法人 統合医学健康増進会は、2016年4月に、上記事業の1〜5と、事業6を行うグループに分離しましたのでお知らせします。事業1〜5を行うグループは、「日本健康情報倶楽部」という名称を経て、「一般社団法人 日本先進医療推進機構」として当HPを引き継ぎました。また、事業6を行うグループは、名称変更せず「NPO法人 統合医学健康増進会」として、新HPに移転致しました

1.ガン治療、難病治療のご相談のご案内
2.統合医療の治療法と統合医療を行う医師のご紹介
3.上記医師を支援する会員組織と全国の各支部のご紹介
4.統合医学の医師を支援する臨床研究のご紹介
5.臨床研究で効果測定された認定商品のご紹介
6.講演会・勉強会などイベントで統合医学の重要性を広報する活動

プルミエールクリニック(当会顧問・星野泰三(ほしの・たいぞう)先生)

プルミエールクリニックは、医師の会会員医師で当会顧問の星野泰三(ほしの・たいぞう)先生が院長を務めるクリニックです。また、当会顧問・松島修二(まつしま・しゅうじ)先生が勤務するクリニックです。HPはこちら

 

顧問

星野泰三先生

星野泰三(ほしの・たいぞう)先生
【腫瘍内科、プルミエールクリニック院長】
医学博士。1988年東京医科大学卒業。同大学大学院にて腫瘍免疫を研究。94年米国立衛生研究所(NIH)にてがん遺伝子治療の研究、再生不良性貧血の研究、先天性再生不良 性貧血の原因究明に従事。帰国後QOLを重視した腫瘍免疫を臨床的に探求。02年プルミエールクリニッ ク開設、院長就任。03年東京・京都統合医療ビレッジ開設理事長就任。10年統合医療専門学校を設立。免疫治療のエキスパートとして先端細胞医学から伝統医学までを駆使した芸術的プライベート医療を行っている。「星野式温熱リンパ球治療」、「統合医療でガンを防ぐガンを治す」、「スーパー免疫人間に生まれ変わる法」「衝撃の未来医学 万能細胞治療」など著書多数。

顧問

松島修二先生

松島修二(まつしま・しゅうじ)先生
【腫瘍内科、プルミエールクリニック勤務】帝京大学医学部卒業。大学での研修のかたわら星野医師に師事し、免疫学について幅広い知識を得る。統合医療ビレッジの付属中央研究所にて、活性化リンパ球の培養および免疫チェック解析に携わる。これらの免疫療法を専門としたがん治療に携わってきた経験と免疫チェック解析という生物学的なドックで身体の状態や将来の予想を立ててきた解析方法を活かし、現在、腫瘍外来、温熱治療計画外来を行っている。


講演会・ミーティング予定 ご入会/会員ログイン 統合医学クリニック案内 認定推奨商品 ガン・難病の治療相談