統合医学健康増進会は末期癌有効率9割の「ジェネピック」を推奨します!

分離独立とHPリニューアルのお知らせ

旧NPO法人統合医学健康増進会(統合医学で健康になる会)は、以下の事業を行うべく、2011年8月に旗揚げされ、2012年11月にNPO法人として認定されました。その後、旧NPO法人 統合医学健康増進会は、2016年4月に、上記事業の1〜5と、事業6を行うグループに分離しましたのでお知らせします。事業1〜5を行うグループは、「日本健康情報倶楽部」という名称を経て、「一般社団法人 日本先進医療推進機構」として当HPを引き継ぎました。また、事業6を行うグループは、名称変更せず「NPO法人 統合医学健康増進会」として、新HPに移転致しました

1.ガン治療、難病治療のご相談のご案内
2.統合医療の治療法と統合医療を行う医師のご紹介
3.上記医師を支援する会員組織と全国の各支部のご紹介
4.統合医学の医師を支援する臨床研究のご紹介
5.臨床研究で効果測定された認定商品のご紹介
6.講演会・勉強会などイベントで統合医学の重要性を広報する活動

目白通り皮膚科クリニック(森時則(もり・ときのり)先生)

目白通り皮膚科クリニックは、医師の会会員医師・当会顧問の森時孝(もり・ときたか)先生のご子息、森時則(もり・ときのり)先生が、院長を務めるクリニックです。HPはこちら

 

顧問

 

森時孝(もり・ときたか)先生
C.L.I.内科皮膚科診療所・元理事長
政財界人から著名人まで症例数30000名以上の治療実績を持つガン・難病治療の重鎮。独自のヨード製剤を用いてがんの治療にあたっている。ヨード製剤はもともとガン学会で群馬大学内科の七条小次郎教授(当時)が「バセドウ氏病患者はガンになる率が他の人間の千分の1で甲状腺粉末を内服するとガンに罹りにくくなる」と話していたことからヒントを得て、ヨードにより免疫機能も高めることに注目し、ヨードの抗癌効果を生かす方法としてMMKを開発した。現在はガンだけでなく様々な難病を治癒させるための細菌研究センターを運営し、全国の大学とも連携して、パラメシウム製剤、プラセンタ製剤なども用いてガンと難病の治療にあたっている。

森時則先生

森時則(もり・ときのり)先生
目白通り皮膚科クリニック・院長
2013年4月より目白にて、「目白通り皮膚科クリニック」を開業いたしました。これもひとえに皆様方の温かいご支援の賜物と心より感謝いたしております。
 これまで養ってきた知識と経験に加え、私自身、幼少期から苦しんでおりましたアトピー性皮膚炎、じんましんや花粉症などのアレルギー性疾患の診療に努めてまいります。西洋薬と東洋薬(漢方薬)の良い部分を上手に取り入れ、小さなお子様からお年寄りまで地域の皆様に信頼される温もりのある質の高い医療を提供し、社会に貢献すべく全力を尽くす所存でございます。何卒倍旧のご指導ご支援を賜りますようお願い申し上げます。
 ニキビ、アトピー性皮膚炎、かぶれ、帯状疱疹、ヘルペス、水虫 、花粉症やしみ・肝班などでお悩みの患者様は、目白通り皮膚科クリニックにぜひお越しくださいますようお待ち申し上げております。
院長  森 時則


講演会・ミーティング予定 ご入会/会員ログイン 統合医学クリニック案内 認定推奨商品 ガン・難病の治療相談