統合医学健康増進会は末期癌有効率9割の「ジェネピック」を推奨します!

当会の講演会情報をお送りします!

アメリカ上院栄養問題特別委員会レポート いまの食生活では早死にする―自分の健康を守るための指針 (リュウブックス)

アメリカ上院栄養問題特別委員会レポート いまの食生活では早死にする―自分の健康を守るための指針 (リュウブックス)

 

アメリカ上院栄養問題特別委員会レポート いまの食生活では早死にする―自分の健康を守るための指針 (リュウブックス)

【→書籍の購入はこちらをクリック→Amazonから購入できます!】

 

内容(「BOOK」データベースより)
かつて田中内閣を倒壊させたロッキード事件もアメリカ上院の調査が発端だった。これは同上院の調査能力の高さを示すほんの一例である。同上院はどんな分野に関しても世界最高の調査機関である。他国の上院と違い、憲法上も大きな権威と権限を認められていることが、その裏づけとなっている。この権威と権限により、アメリカ上院栄養問題特別委員会はアメリカ国内ばかりでなく、世界中の権威や研究機関の頭脳を動員して食事と健康の関係を調べ、有名なマクガバン報告(一九七七年)をまとめた。マクガバン報告が与えた衝撃はその後、日本を含め世界の栄養、健康、医学に関する流れを変え続け、いまに至る。アメリカ国立ガン研によるガンの栄養療法の研究と治療の一大プロジェクトも、それに沿った動きである。日本の厚生省(現厚生労働省)による「健康づくりのための食事指針」(昭和六〇年)もマクガバン報告の影響下で策定された。世界各国の政府が、この報告に影響されて新しい健康政策を進めている。日本の社会と学界に大きな衝撃を与えた本書旧版に、その後の諸研究を増補する改訂を行い、健康と医学を原点から考えるための最新版を読者に贈る。
内容(「MARC」データベースより)
アメリカ上院栄養問題特別委員会レポートが示す衝撃の事実。薬や手術を主体とする現代医学に根本的な批判を加え、食物の栄養を重視したその内容を間にはさみながら、健康を守るための指針を示す。94年刊に次ぐ改訂最新版。

 

新書: 251ページ
出版社: 経済界; 改訂最新版 (2002/07)
ISBN-10: 4766703480
ISBN-13: 978-4766703481
発売日: 2002/07
商品の寸法: 17.2 x 10.8 x 1.4 cm
おすすめ度: 5つ星のうち 4.5

 

健康食品を食べるよりこの本を読む方が良いです 2010/1/29
By 犬

 

形式:新書食生活の乱れをサプリメントで補っていたときは、それ程食べていないのに全く痩せませんでした。また常に体が不調でした。

 

しかし、この本を読んで次のことを実践すると腹一杯食べてもどんどん痩せました。
 ・油を使用した料理を食べない
 ・肉は頻繁に食べない
 ・砂糖は料理に使用しない
 ・加工食品を食べない
 ・食材は出来る限り有機栽培・無農薬のものを選ぶ
 ・食材は出来る限り丸ごと使用する
 ・一日一回は、野菜を茹でたり蒸したりして食べる
 ・一日一回は、玄米と味噌汁を食べる
また、痩せるにつれて体の不調も解消されました。

 

よって、無理なダイエットや健康食品に頼るよりもこの本に書かれていること実践する方が有効だと思われます。

 

 

最新版です。 2002/10/10 By scroll bus

 

形式:新書この本は、アメリカ上院栄養問題特別委員会レポートの抄訳、
編集したものを今回の再改定で追加・改定部分を筆者今村光一氏の責任で加筆されています。
今までの食生活にふと「疑問」を感じさせる一冊です。

 

食について読む最良の本であることは間違いがありません。

 

私はボランティアでこの本を配っています。それくらい衝撃の内容でした。

 

 

翻訳を期待していたのだが・・ 2010/3/16 By 蝿の王

 

形式:新書「葬られたマクガバン報告(上)」を読み、チャイナプロジェクトという
食と病気の関係を調べた国家レベルの壮大な調査の存在を知った。
マクガバン報告の抄訳と題打つ本書にチャイナプロジェクトのことが載っていると期待して購入した。
確かに、マクガバン報告に沿っては書かれているのだが、どちらかというと、
報告を読んだ上で、著者の意見が書かれている感じで、若干根拠に疑問を覚える部分もあり、
歯がゆい感じがした。
とはいえ、現代の食の問題点を突いた書物のなかでは、かなり信頼できると思う。
お薦めの本だが、個人的には期待通りでなかった。


 
講演会・ミーティング予定 ご入会/会員ログイン 統合医学クリニック案内 認定推奨商品 ガン・難病の治療相談