統合医学健康増進会は末期癌有効率9割の「ジェネピック」を推奨します!

分離独立とHPリニューアルのお知らせ

旧NPO法人統合医学健康増進会(統合医学で健康になる会)は、以下の事業を行うべく、2011年8月に旗揚げされ、2012年11月にNPO法人として認定されました。その後、旧NPO法人 統合医学健康増進会は、2016年4月に、上記事業の1〜5と、事業6を行うグループに分離しましたのでお知らせします。事業1〜5を行うグループは、「日本健康情報倶楽部」という名称を経て、「一般社団法人 日本先進医療推進機構」として当HPを引き継ぎました。また、事業6を行うグループは、名称変更せず「NPO法人 統合医学健康増進会」として、新HPに移転致しました

1.ガン治療、難病治療のご相談のご案内
2.統合医療の治療法と統合医療を行う医師のご紹介
3.上記医師を支援する会員組織と全国の各支部のご紹介
4.統合医学の医師を支援する臨床研究のご紹介
5.臨床研究で効果測定された認定商品のご紹介
6.講演会・勉強会などイベントで統合医学の重要性を広報する活動

ガンと難病の医療相談

★ガン・難病でお困りの方へ→提携/医療健康相談のご案内

 

ガン(ホルモン依存性のガン、上皮性腫瘍、皮膚がん、白血病、悪性リンパ腫など)、

 

当会推奨の脅威の抗癌ハーブ・ジェネピックは、海外の臨床データによれば、ホルモン依存性のガン(乳がん、前立腺がんなど)には驚異的な著効を示しています。また、その他ほとんどのガンである、上皮性の腫瘍(胃がん、大腸がん、肺がん、膵臓がんなど)に関しても、著効を示した症例報告が米国を中心に多数あります。
がんのセカンドオーピニオンを検討される際には、乳癌・前立腺癌に関しては、ジェネピック治療を、筆頭に検討されることをお奨めします!
(希望者には専門医をご紹介します。予約を取って医師とご相談ください。)

 

また、白血病・悪性リンパ腫・膵臓がん、肺がんなどに、FDAフェーズ2の臨床試験で著効を示した台湾固有のキノコから抽出した成分「アントロキノノール」を検討されることをお勧めします。

 

難病(膠原病・リウマチ・自己免疫病・アトピー・アレルギー・糖尿病・高血圧・高脂血症など)、奇病、後遺症などでお困りの方は、具体的な対策や、統合医学を推進する医師・治療家の先生たちをご紹介する、当会提携の医療・健康相談を受けてみて下さい。

 

 

★「ガンの治療相談申込書」はこちら(→電話相談の前にプリントして、FAXしてください。)
がんの相談申込書

 


★「難病の治療相談申込書」はこちら(→電話相談の前にプリントして、FAXしてください。)

 

★提携/医療健康相談「Egaoホリスティックヒーリング」:050-1075-5902

 

★当会の本部・事務局・医療健康相談所の地図
当会の地図【本部・事務局】の地図はこちら【PDF】


講演会・ミーティング予定 ご入会/会員ログイン 統合医学クリニック案内 認定推奨商品 ガン・難病の治療相談